Podcast プロジェクトをいろいろ計画中です。聴いてくれる方はこちらからどうぞ。
ピカルディの三度
PR

第6回 ピカルディの三度

作曲家オビナタナオマサ氏と飴(あめ)の「音」や「音楽」をテーマにおしゃべりするポッドキャスト番組『ピカルディの三度』
飴(あめ)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

あらすじ

今回はのテーマは「ピカルディの三度」です。

ついにこのポッドキャスト番組のタイトルについてお話しする回がやってきました。

この言葉は何を意味するのか?その理由や起源などについて、お話しています。

今回の放送回

第6回 ピカルディの三度

収録後記

いままで、「作曲家」っていう職業とか「和音」とか「YouTube」とか、全部一般知識はもってるものがテーマだったので、会話に入りやすかったけど、この「ピカルディの三度」は、まったくわたしが知らない言葉でした。

ナオさんとポッドキャストをやろう!ってなって、テーマが「音」や「音楽」ってざっくり決まって、タイトルどうしようってなって。

そこからちょっと難航するんだけど、わたしが何か言った言葉に対してナオさんが「音楽業界ではピカルディの三度というのがあります」とおっしゃって。

・・・・・・・。

しーんってなるよね、わからんもん。わからないです。

そこからググって、そしたらピカルディってフランスの方で、バロック音楽とか教会音楽とか、カトリック幼稚園いってるわたしの好きそうな音楽やコード進行がそれに含まれるのがわかって。

単調から長調になるとか、雲間から光がさすとか、天使がふってくる、じゃないか、降りてくるとか、ちょっとフランダースの犬の最終回も思い出したりしながら、いい名前じゃないかなと思って、賛成しました。

放送の中で、番組名をどうしてこれにしたかについては話す時間がなかったので、ここに書いてみました。

この後の放送回もいろいろ楽しいのが録れてます。おたのしみに!

【Podcast】ピカルディの三度 毎週金曜日17時配信
作曲家オビナタナオマサ氏と飴(あめ)の「音」や「音楽」をテーマにおしゃべりするポッドキャスト番組『ピカルディの三度』
作曲家オビナタナオマサ氏と飴(あめ)の「音」や「音楽」をテーマにおしゃべりするポッドキャスト番組『ピカルディの三度』

毎週金曜17時配信。

作曲家オビナタナオマサ氏と飴(あめ)の「音」や「音楽」をテーマにおしゃべりするポッドキャスト番組。

【出演】
オビナタナオマサ(https://x.com/blues_boycom
飴(あめ)(https://x.com/ame_3105

【アルバム視聴やチャートイン状況】
https://www.tunecore.co.jp/artists?id=143525

【お便りお問い合わせ】
ピカルディの三度 公式x(Twitter)

飴(あめ)
飴(あめ)
Profile
或るべき姿を考えてそれをカタチにするのが仕事
とにかくITに触れてる時間が好き
iPadを使いこなして日常を豊かにしたい
【座右の銘】
晴耕雨読、止まない雨はない明けない夜はない、美人猫舌
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました